タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入でよくある税関トラブルとは?【対策方法も解説します】

中国輸入でよくある税関トラブルとは?【対策方法も解説します】

中国輸入ビジネスでは、仕入れた商品が税関で止められてしまうという税関トラブルがよくあります。

また、仕入れた商品が通関保留になってしまうと納期が遅れたり、最悪の場合には商品を破棄しなけらばなりません。

 

このような大きな問題に発展させないためにも、事前に通関トラブルについて熟知し、しっかりと対策方法を学んでおくことが大切です。

もし税関保留になった場合は、手元に「税関手続きのお知らせ」という通知が届くので、速やかに対処する必要があります。

 

 

こちらでは、中国輸入でよくある税関トラブルとその対策方法を解説していきます。

 

関連:中国輸入初心者の方が巻き込まれやすいトラブルと対策法

 

 

中国輸入で通関トラブルになる原因

税関トラブルといわれる、いわゆる「税関保留」になってしまうのは、どのような場合でしょうか。

まずは中国輸入でよくある税関トラブルを確認していきましょう。

 

以下のような商品を仕入れた場合は確実に通関保留になり、トラブルへと繋がります。

  • 麻薬や覚せい剤など、医療用途に使用する目的以外で輸入される違法薬物
  • けん銃や機関砲およびけん銃の部品など、銃刀法違反に当たるもの
  • 爆発物や火薬など
  • 商標権や著作権などを侵害するコピー商品など

 

これらの商品は「輸入禁止品」と呼ばれている項目で、法律で輸入が禁止されているものです。

詳しくは、東京税関HPに記載があるのでしっかり読んでおいてください。

 

 

このような商品を仕入れてしまわないためにも、中国輸入で商品リサーチをする際に商品が輸入禁止品目や規制品目に該当していないか必ずチェックしましょう。

商品が通関保留になる原因としては、輸入禁止品以外にも商品の確認のために保留になっている場合があります。

 

もし商品に何か問題があって税関保留になっている場合は、該当商品を破棄するか書類の手続きを行うことで輸入が可能になります。

他の商品も一緒に輸入した場合、その中の一つでも通関保留になってしまうと全ての商品が手続きが済むまで輸入できないので気を付けましょう。

 

商品確認のための通関保留であれば、電話や書類の提出で通関できることがほとんどですので、心配いりません。

 

 

中国輸入で気を付けたいよくある通関トラブル

 

では、中国輸入ではどのような商品が通関保留やトラブルにあいやすいでしょうか。

税関で通関保留になってしまう例を解説していきます。

 

  • 価格の確認
  • 薬事法に違反している場合
  • 食品衛生法に違反している場合
  • ワシントン条約に違反している場合
  • 刀剣などが使用されている商品
  • 偽のブランド商品やコピー商品

 

 

価格の確認

商品の輸入時には、関税がかかります。

その関税を決定する元となる書類が「インボイス」です。

なので、インボイスの記載に不備があると、通関保留になってしまいます。

 

インボイスとは、海外に書類以外の荷物を発送する際に、輸出者が輸入者に作成する荷物に関する明細書の事です。

 

 

例えば、インボイスに記載されている商品と実際の商品が異なっていたり、数量がインボイスに書かれている量と異なった場合に通関保留になります。

実際の輸入料が記載されている内容よりも多いという事は、アンダーバリューとして違法にあたる可能性が高いためです。

同様に、商品の価格を低く見積もってかかれているインボイスも違法となります。

 

中国から商品を仕入れた際は、インボイスに記載されている内容と実際の荷物の内容が異なっていないか、商品の価格や数量など、インボイスが正確に記入されているか必ずチェックしましょう。

中国輸入では出品者が「インボイスに価格を低く書くので購入してください」と言ってくる事がありますが、これにも応じてはいけません。

逆に輸出する際も、実際の価格を偽ってインボイスに記入するのは違反です。

 

もしインボイスに不備が見つかった場合通関保留となり、まずは税関から電話が来ます。

意図的な違反でない場合に関しては、電話や書類の提出で解決が可能です。

 

 

薬事法に違反している場合

薬事法と聞くと、飲み薬や体に塗る軟膏などのいわゆる「薬」を仕入れなければ良いような気がしてしまいます。

しかし、薬事法には薬以外にも該当する商品が複数あります。

 

薬事法に該当する商品は通関保留となりトラブルの原因になるので注意が必要です。

以下が薬事法に該当する商品です。

 

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 医療機器
  • 化粧品

 

上記4つのうちのどれかに該当するとみなされた場合は、「薬事法」に関係するので通関保留となります。

また上記以外にも、中国輸入で扱いの多い美顔ローラーやマッサージグッズなどの健康グッズや美容グッズは薬事法に関係する可能性があります。

 

特に直接肌に触れる商品は厳しく審査され、薬事法に関係するとして違法とされた場合は「許可証」がないと輸入する事が出来ません。

この薬事法の許可証はすぐに手に入るものではなく入手するのも難しいので、もし違反とされてしまった場合は諦めて廃棄処分するしかないでしょう。

せっかく仕入れた商品が廃棄処分になってしまわない為にも、薬事法には十分注意が必要です。

 

 

また、税関では担当職員への印象によって通関できるかできないか、左右される場合があります。

全く同じ商品を仕入れていても、それぞれ商品名が異なるインボイスだった場合に、1つは仕入が出来たのに、もう1つは仕入れる事が出来なかったというケースも少なくありません。

 

インボイスの記載によっては通関にも大きな影響を与えるので、医療品や医薬品など微妙なラインの商品は事前に確認をとるか、適正なガイドラインを確認しておくと安心です。

 

 

食品衛生法に違反している場合

食品衛生法も食料品だけが対象の法律ではなく食に関係する全ての商品が該当となります。

例えば、食料品以外にはコップやお皿、お弁当箱や水筒などの食器関連グッズが挙げられます。

 

食器やお弁当箱は素材が全てステンレスであれば通関できますが、それ以外の場合は通関保留になってしまう可能性が高いです。

特にプラスチックやゴムなどが使われている製品は通関保留になりやすいでしょう。

 

さらに食品衛生法では幼児のおもちゃも該当する可能性があります。

これは幼児がおもちゃを口にあてたり飲み込んだりする危険性が大きいためです。

 

もし食品衛生法で通関保留になった場合は、税関から電話が来ます。

用途などを説明し、「輸入届出」の書類を提出することで輸入が可能になります。

 

食品衛生法の輸入届出の書き方は複雑で難しいので専門家に任せる方も多いですが、自分で記入できないものでもありません。

なので、まずは勉強がてら一度自分で記入してみるのがおすすめです。

また、届出は仕入れた商品が日本に到着する前にも提出できるので、食品関連の商品を仕入れる際は事前に提出を済ませておくとスムーズです。

 

輸入届出は輸入の都度提出が必要なので、食品関連は輸入が大変で参入者が少ないジャンルでもあります。

しかし、ライセンスなどが不要なので個人でも輸入ができ、ライバルが少ないのでねらい目のジャンルだと言えます。

 

 

ワシントン条約に違反している場合

ワシントン条約は、野生動植物が国際取引によって過度に利用されるのを防ぐため、 国際協力によって種を保護するための法律です。

この法律により、動物や植物の通関基準が定められています。

 

さらに、商品の材料に植物や動物の革などが使用されているものもワシントン条約に該当する可能性があります。

もしワシントン条約に該当する商品を仕入れたしまった場合は、破棄するしかありません。

 

なので、事前にワシントン条約に該当していないかしっかりチェックしておきましょう。

ワシントン条約の詳細は、税関HPで確認できます。

 

 

刀剣などが使用されている商品

 

中国輸入では特に、コスプレグッズを扱う事も多いです。

アニメのゲームキャラクターになるコスプレは世界的に人気なので、キャラクターが使用する刀剣グッズの需要がとても高いのです。

 

本当に刃のついている商品は違反となり輸入できないので、注意しましょう。

木刀やコスプレ専用の武器などの場合は通関できる可能性が高いので、断念する前に一度税関に交渉してみるのが良いでしょう。

 

 

偽のブランド商品やコピー商品

 

中国輸入では偽のブランド商品やコピー品が出回っています。

しかし、このような商品を仕入れようとした場合は、税関に没収されてしまいます。

特に偽ブランド商品に関しては税関も厳しく目を光らせており、あまり有名ではないブランドのコピー商品も没収される可能性があります。

 

そもそも、偽ブランド商品やコピー品を輸入すること自体法律で禁止されているので、偽造の確認は慎重に行いましょう。

偽ブランド商品やコピー品と知らずに輸入できてしまい、さらに販売してしまった場合も違法となります。

 

Amazonで中国輸入を行っている方であれば、このようなトラブルが一回起こるだけでもアカウントが停止されたり凍結するなどの厳しい処置を受ける危険性があるので、十分に注意が必要です。

 

 

税関から税関保留の通知が届いたら…

もしも、税関でトラブルが起き通知が来た際にはどのように対処したらよいでしょうか。

税関保留の通知が来た場合も正しい対処を行えば、商品がすべて没収されてしまうという事もありません。

 

通知が届いてからの対応が非常に重要になるので、対応によっては商品が届くまでの期間が大きく変わってきます。

さっそく、通関保留の通知が来た際の対処法を見ていきましょう。

 

  1. 税関に電話する
  2. 税関職員に指示された手続きを行う
  3. 通関が許可されたか確認する

 

 

税関に電話する

まずは、税関保留の通知に書かれている電話番号に電話をしましょう。

荷物が保管されている税関の電話番号がかかれているので、荷物をどうしたら輸入できるのかと、荷物が一番早く届く方法を確認しておくと良いでしょう。

 

 

税関職員に指示された手続きを行う

偽物ブランドが通関保留になった場合は破棄するしか選択肢がありませんが、通関トラブルの原因が食料品関係や輸入できる商品だった場合は、書類の提出が必要となります。

書類の提出は早急に行う必要があります。

 

通関が許可されたか確認する

電話や書類の提出が済んだら、通関できているかもう一度電話したりホームページで確認しましょう。

税関のやりとりはメールで行う事が多いです。

 

税関には毎日たくさんのメールが来ているので、メールが埋もれてしまっている可能性もあります。

そうなると対応が遅くなってしまうので、こまめに確認を取るようにしましょう。

 

 

最後に

 

中国輸入でよくある税関トラブルと、その対策方法を解説しました。

これらを知らずに輸入を行っていると、必ず中には法律に関わる商品が出てきて大きなトラブルへと発展してしまいます。

 

そうならないためにも、事前にどのようなトラブルが起こりやすいか、またその対策方法を知っておくことが大切です。

今回紹介した以外にも、中国輸入では法律に関わる商品が沢山あります。

 

一番最初に仕入を行う際は、仕入れる数量を少なくしたり仕入れの前に輸入できる商品か確認することで、輸入できないというリスクを減らすことができます。

中国輸入で税関保留になって商品を破棄する場合、破棄する費用もかかり結果的に大きく損失を生んでしまうので、くれぐれも注意しましょう。

 

 

関連:中国輸入初心者の方が巻き込まれやすいトラブルと対策法

 

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,384円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。