タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

アリババグループの馬雲(ジャック・マー)氏はどんな人物?

アリババグループの馬雲(ジャック・マー)氏はどんな人物?

馬雲(ジャック・マー)氏は

アリババグループの社長?創業者?会長?

どれが正解でしょうか?

馬雲(ジャック・マー)氏とは

どのような人物なのかを紹介して

いきたいと思います。

馬雲(ジャック・マー)氏はどんな人物?

 

馬雲(ジャック・マー)氏は

1964年10月15日生まれ、

浙江省杭州市出身です。

中国、アリババグループの創業者で

元CEO(最高経営責任者)

現会長でもあります。

過去にはソフトバンクグループ取締役

なども務めました。

座右の銘は

 

「永遠不放棄」

 

中国語で絶対に諦めないという意味です。

著書には

【ジャック・マー アリババの経営哲学】

があります。

アリババグループとは?

馬雲(ジャック・マー)氏によって

設立されたアリババグループとは

中国輸入の仕入れ先などでもよく

目にする

などを運営する会社です。

その他にも

などが主なサービスとして

挙げられます。

馬雲(ジャック・マー)氏の来歴

 

 

【幼少期】

1964年10月15日浙江省杭州市に生まれます。

幼い頃はとてもわんぱくで

よく喧嘩もしていたそうです。

【中高生時代と大学受験】

また決して学校の成績も良かった

わけではなかった。

 

数学は本当に苦手で数字を

見るのも嫌なほど…。

 

中学生頃から英語には

とても興味があったようですが

学校ではあまり英語は

教えてもらえなかったそうです。

しかし、それでもどうしても

英語が話せるようになりたいと

思った彼のとった行動は、

外国人観光客の宿泊するホテル

に通い実際に本物の英語に触れるという物でした。

すごい行動力ですね。

 

中学高校と進学高ではなく

大学受験も一度目は

なんと数学が1点。

その後も2回目の受験するも

またしても数学の点数が

31点で、ここで一度

大学への進学を諦めます。

その後は三輪自動車の運転手と

なりました。

【本との出会いと転機】

そんな馬雲(ジャック・マー)氏

転機が訪れたのは1冊の「人生」

という本との出会いでした

挫折を乗り越えた者こそ人の上に立てるという

本から彼はもう一度大学への

進学を目指します。

そして幼い頃から興味を持っていた

英語を学べる杭州師範学院(現杭州師範大学)

英語科へ合格し

卒業後は英語教師となりました。

その後アメリカに行った際に

ネットビジネスに出会い

帰国後、1999年にアパートの一室から

アリババグループを設立します。

 

転機をもたらした【人生】は

路 遙(ろよう)による著書で

映画化もされているそうです。

馬雲(ジャック・マー)氏の名言

 

 

馬雲(ジャック・マー)氏は数々の

名言を残しています。

その名言をいくつかご紹介したいと思います。

  • 瞬間的な情熱は無意味である。持続できる情熱だけがビジネスになる

 

  • チャンスは常に人々の不満の中にある。

 

  • どんなに知名度が高くても、そこに品質や品格の後ろ盾がなければ強いブランドとは言えません。知名度にふさわしい質の高い製品やサービス、それを支える人材、さらに企業文化が伴っていることが重要です。

 

  • 成功がどういう姿かということは、私にはまだ実は捉えられていないのですが、失敗がどういうことを意味するのかは捉えられています。それは諦めることです。

 

  • これからさらに大きなチャレンジ、大きな失敗を経験することでしょう。ですから過去のことは忘れて、未来に向かっていかないといけない。

 

  • 人々がアリババという名を聞いたとき、「イノベーション」「希望」「情熱」「誠実」というイメージを思い浮かべてもらえるようになりたい。

 

  • 会社を育てるということは、人間を育てるのと同じだと思っています。ですから、あまり心配しても全く心配しないのもいけない。この成長に伴う痛みを経験することができるというのは、ビジネスリーダーの醍醐味ではないか思います。
  • 夢を持つことは大事ですが、同時に方向感が重要です。使命感のある目標、それを大切にすることが大事なのです。社会的責任も含めた使命感をビジョンに落とした会社が長く続いていけば、皆それを共有することができるし、成功する時の楽しさや面白さも全く変わってきます。

 

  • 創業直後に「お客様が第1、従業員が第2、株主が第3」という経営方針を決め、頑なに守り続けてきました。アリババに誰がいくら投資していようが、事業が困難に直面しようが、大成功しようが、中小企業のお客様が最優先という方針を曲げたことは一度もありません。

 

  • 時間をかけて築いた信頼をいかに永続させるか。そのために、ブランドの信用を傷つけかねないミスをいかに少なくするか。競争に勝つカギはそこにあります。知名度を上げることとブランドをつくることは、競争戦略上はまったく違う戦いなのです

 

  • 21世紀を勝ち残って行きたければ、他人に影響を与える存在でなければなりません。他人は自分より優れていると認めることです。そうすればあなたは成功します

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。