タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入で儲からない5つの理由

中国輸入で儲からない5つの理由

なぜ中国輸入で儲からないのか

落ち込むビジネスマン

中国輸入は本当に儲かるものなのでしょうか?

今回は中国輸入で儲からないという方に見られる特徴
利益が得られない本当の理由について解説したいと思います。

これから中国輸入に挑戦するという方も
ビジネスの失敗事例としてぜひ参考にしてみてください。

  • やめるのが早過ぎる
  • 損益分岐点を計算していない
  • 売上予測を立てていないor外れている
  • 売れない商品も存在する
  • 作業が非効率

やめるのが早過ぎる

money

中国輸入では安定して利益を得るまでに時間がかかります。

何故かと言うと、一定のペースで売上られるようになるまでに
どうしても時間がかかってしまうためです。

実績を積んでお客さんに信頼してもらえるまでの期間
商品がなかなか売れないということもあるでしょう。

損益分岐点を計算していない

損益分岐点を計算することは物販ビジネスでは常識です。

いくらで仕入れると損をするのか
いくらで販売すると損をするのか

どこまで勝負できるか分からなければうまく販売できません。

これはリサーチ調査の段階に問題があります。

利益が得られるかどうかは仕入れ前にしっかり判断しておきましょう。

そのためにも損益分岐点を知る必要があります。

売上予測を立てていないor外れている

strategy

リサーチに関連して売上予測が外れることも敗因の一つになります。

一年のサイクルで売上に波があることもあれば
一過性のブームでそれ以降は売上が急激に少なくなるタイプもあります。

商品の売れ行きを見極めることも中国輸入では重要です。

売れない商品も存在する

中国製品はとても仕入れ値が安く魅力的に思えるものもたくさんありますが
ブランド性や商品の信頼性を重視するようなカテゴリでは
中国製品の売れ行きが悪いことがあります。

作業が非効率

作業が非効率だと労力に対して十分な利益が得られていない
思う方も多いことでしょう。

いかに作業を効率化して作業負担を減らすか、これも中国輸入の大きな課題です。

初心者であればまずはFBAの活用を目指して作業の効率化を進めてみましょう。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。