タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入で展示会を活用する方法

中国輸入で展示会を活用する方法

展示会は、中国輸入商材の仕入れ先が行なっているので、実際に自分の目で見て商品を選ぶ事が出来るのがポイントです。

中国輸入で展示会を上手く活用していけば、OEMやODMに繋げる事もできます。

 

こちらでは、中国輸入で展示会を活用する方法として、展示会の開催時期や日本での出展などについてご紹介します。

また、展示会でどのように仕入れて交渉すべきか、ポイントもお伝えしますので、是非参考にしてください。

 

 

関連:中国輸入の仕入れ先の違いと特徴

 

 

 

展示会仕入れを行うメリットとデメリット

まず、展示会仕入れを行う前にメリットとデメリットについてよく理解しておく必要があります。

なぜ展示会に参加するのか、だからどのように展示会を活用しなければなれないのか、しっかり考えましょう。

 

 

メリット①実際に商品を確認できる

中国輸入商材を探す際は、インターネットの商品情報を見て仕入れの判断を行う事がほとんどです。

しかし、ネットで見ただけでは、色や質感、重さなどはわかりません。

 

それに比べて展示会は、実際に商品を確認できるのがメリットです。

手にとってみることもできますし、インターネットでは公開されていない商品も多数並んでいます。

 

直接見れるので、高品質で安価な商品も見つける事ができるかもしれません。

 

 

メリット②メーカーと直接交渉が可能

展示会に最大にメリットは、メーカーと直接交渉ができる点です。

交渉次第では小ロットからの仕入れが可能になったり、売れ筋商品や人気商品を聞いて、今後の仕入れの参考にすることもできます。

 

インターネットの場合は、チャットやメールでのやり取りとなってしまいどうしても伝えたい事が伝わりにくい場合があります。

展示会の場合は、対面でのやり取りなので今後に繋がる関係作りにも繋げる事ができます。

 

 

デメリット 実際に中国まで足を運ばなければならない

展示会に参加するためには、実際に中国まで足を運ばなければならないので、交通費と時間がかかります。

開催時期に合わせて宿泊するのがベストですが、その場合は周辺のホテルを予約しなければなりません。

 

展示会が開催される時期はホテルもすぐに満室になってしまったり、宿泊費が値上げされる場合が多いです。

ですので、交通費だけでなくこのような費用がかかってくることも頭に入れておかなければなりません。

 

 

 

中国輸入展示会といえば「広州交易会」!規模も世界最大級

広州交易会は、中国で春と秋の年二回行われている展示会です。

規模は世界最大級と言われており、世界中のバイヤーが今展示会に参加します。

 

中国に限らず世界から出展者が集まる広州交易会とは、どのような展示会なのでしょうか。

 

 

広州交易会の規模はどれくらい?

広州交易会は、正式には「中国輸出入商品交易会」と呼ばれています。

全会期中1期、2期、3期とジャンルごとに分けられて開催されており、中国最大級の輸出商品の商談会と言われています。

 

出展者だけでも世界200ヶ国以上から参加しており、2017年秋に行われた第122回の広州交易会では、来場者が19万人を超えました。

また、出展企業数は中国国内外を合わせて25000社以上に昇り、成約した金額は302億ドルにも及びました。

 

 

広州交易会は実際の商品を見る事ができ、仕入れコストを削減できるため、中国輸入の展示会の中でもまず欠かせない会場となっています。

 

 

広州交易会の入場方法

広州交易会に初めて参加する場合は、バイヤーである事を証明する、インビテーションバッチが必須です。

当日に会場でも作る事はできますが、とても混雑しているので事前に用意しておくのがおすすめです。

 

事前申請は広州交易会のHPから可能で、写真をアップロードして書類を送っておけば、会場についた際にスムーズに入場できます。

バッチは3期どの入場にも使えます。

 

 

当日作るとなると、2〜3時間ほど並ぶ可能性もあり、せっかくの時間が勿体無いですので事前に申請しておきましょう。

 

 

その他の中国でおすすめな展示会

中国では広州交易会以外にも、様々な展示会が行われています。

中でもおすすめの展示会を3つご紹介します。

 

  1. 香港ハウスウェアフェア
  2. 香港ギフト&プレミアムフェア
  3. メガショーPart1(メガショー)

 

 

香港ハウスウェアフェア

香港ハウスウェアフェアは、毎年香港で開催される展示会です。

世界各国から2200を超える出展者と29000人以上のバイヤーが参加します。

 

日程は毎年だいたい4月20日から23日の4日間の開催になっています。

広州交易会と開催期間が近いのですが、家庭用品を中心とした展示会になているので、違った商品を見つける事ができます。

 

 

取り扱う品目は、家庭用品の他、手工芸品、室内装飾などの他、台所用品、小型家電機器、浴室用品、家具から食卓用品、ペット用品など様々です。

輸入で規制がかかることが少ないジャンルの商品が中心なので、中国輸入の展示会に初めて参加する方にもおすすめです。

 

香港なら飛行機でも4時間ほど着くので、広州交易会より参加しやすい展示会でもありますね。

 

香港ギフト&プレミアムフェア

香港ギフト&プレミアムフェアは、毎年四月に行われる展示会です。

前述の香港ハウスウェアフェアと同じ時期の開催で、開催者も同じです。

 

ハウスウェアフェアが家の中のアイテムが中心となっていることに対し、ギフト&プレミアムフェアはさらに広範囲にわたったジャンルの商品が揃っています。

日程は4月27日から30日で、2017年には香港だけでなく世界31ヶ国から企業が出展し、参加バイヤーは46000人以上にのぼる大規模な展示会となりました。

 

設立間もないスタートアップ企業の支援や、来場バイヤーの宿泊助成のサポートなどが行われているので、日本からも多くのバイヤーが訪れる展示会でもあります。

 

いち早く他にない商品を見つけたい方や、また開発したい方に特におすすめです。

 

メガショーPart1(メガショー)

メガショーは、生活消費財が集まるアジア最大級の展示会と言われています。

 

香港で毎年10月に行われており、ギフト、家庭雑貨、玩具など7つの部門に分かれて商品が並んでいます。

出展者は4000以上で、家にあるものはほぼ揃うといっても過言ではない品揃えと言えます。

 

日本からも出展している企業や自治体が増えてきています。

広州交易会の秋の展示会と日程が重なりますが、中国輸入実践者の方であればぜひ参加して頂きたい展示会の1つです。

 

 

中国輸入で展示会に行く際に抑えておきたいポイント3つ

 

中国輸入の展示会にただ参加しても、しっかりポイントを抑えないと収穫が得られず行っただけになってしまいます。

せっかく中国まで行って展示会に参加するのですから、ポイントをしっかり抑え交渉や依頼を行いましょう。

 

  1. 会場での交渉の仕方
  2. ホテルに戻った後にチェックすること
  3. 日本に帰国した後にやること

 

 

会場での交渉の仕方

もし展示会のブースで気になった商品があったら、実際に手にとって商品を確認してみましょう。

その際に、単価やロット数も確認します。

 

中国語を話せないという方でも、ブース内には英語を話せる人が常駐しています。

英語での価格交渉は「How much?」と聞けば、大丈夫です。

 

また、一般的な通貨単位はUSドルとなっているので、ロット数の交渉を行う場合は「MOQ?」でOKです。

このMOQというのは、「Minimum Order Quantit(最低発注数量)」の略です。

 

 

大体の場合は、単価を確認した時に、ロット数についても確認されます。

なのでロット数を交渉する場合は、1000個ぐらいから交渉するのが良いでしょう。

 

工場の規模などによっては、1000個以上と言われることもあるので、もし気になる商品であれば名刺交換しておけば、後から連絡を取る事ができます。

 

 

ホテルに戻った後にチェックすること

ホテルに戻ってからも、展示会で得た情報のチェックを行う必要があります。

 

まずは、交渉した商品のカタログを、Amazonなどのネットショップでリサーチします。

  • その商品が日本で販売されていないか
  • 類似商品はないか
  • 販売されている場合はその商品の売れ行きはどうか

の3点をチェックしましょう。

 

ホテルに戻って上記を確認した上で、翌日などに交渉や契約をしに行くといった方法を取ると良いです。

 

 

日本に帰国した後にやること

もし展示会で仕入れたい商品を見つける事ができたら、帰国後にまずはサンプルを発注しましょう。

実際に会場でサンプルをくれる場合もありますが、もらっていない場合は必ず頼みましょう。

 

サンプルを発注する際や、交渉を日本に帰国した後に行う場合は、名刺やカタログに書いてある連絡先への連絡を代行会社に依頼するのがおすすめです。

 

もし、中国語や英語が得意なのであれば直接交渉することもできますが、中国人同士のほうが交渉がスムーズに行く事が多いです。

 

 

特に、広州交易会などの展示会は大規模なので、行くだけでも圧倒されてしまうかもしれませんが、交渉力やリサーチ力を鍛えるためにも、是非展示会に参加しましょう。

 

 

展示会からOEM生産に繋げる3つの方法

展示会では直接商品を見るだけでなく、交渉も行えるのがポイントです。

ですので、その場で交渉してOEM生産に繋げることもできます。

 

展示会からOEM生産に繋げる3つの方法をご紹介します。

 

  1. その場で交渉する
  2. 後日交渉する
  3. 代行業者に交渉を依頼する

 

 

その場で交渉する

もし売れそうな商品が既に頭にあるのであれば、その場で交渉してしまいましょう。

通訳をお願いしておけば、その場ですぐに交渉が可能です

 

英語で話せる人もブース内にいるので、英語が得意な方は英語での交渉もできます。

売れ筋商品であれば、OEM生産のスピードが重要となるので、その場で交渉してしまうのがおすすめです。

 

 

後日交渉する

詳しく商品リサーチを行ってから、OEM生産に移りたい、まだ具体的な商品を考えていないという方は、後日交渉する方法が良いでしょう。

 

その場合、ブースでは商品の単価と、工場で生産できる最小ロット数を必ず確認してメモします。

また、あれば商品のパンフレットももらい、後日の交渉用に名刺を交換しておくようにしましょう。

 

 

代行業者に交渉を依頼する

もし中国語や英語が話せるのであれば自分で交渉を行えますが、話せないという方が多いと思います。

そんな時は、代行業者に交渉をしてもらう事ができます。

 

特に、中国輸入でOEM生産がまだ慣れていないという方は、代行業者に依頼して間に入ってもらった方がスムーズに進みます。

同じ中国人同士のほうが交渉しやすいですし、OEM生産は中国で盛んに行われています。

なので、手順だけでなく指示の仕方や返品のルールなども代行業者からアドバイスしてもらえるので、勉強になりますね。

 

 

また、サンプルなどを頼む際も、ほぼ100%注文通りにはできてないので、なんども細かな交渉が必要になります。

そんな時に、代行業者に依頼すればスムーズに迅速にOEM生産を行う事ができます。

 

 

最後に

 

中国輸入で展示会を活用する方法について解説しました。

 

展示会に参加する事で、より刺激を受けられるといったメリットもあります。

展示会にせっかく行くのであれば、収穫を得られるよう、目的を持ってポイントをしっかり抑えられるようにしましょう。

 

展示会仕入れやOEM生産を行って、中国輸入ビジネスの売り上げアップを目指しましょう。

 

 

関連:中国輸入の仕入れ先の違いと特徴

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。