タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入のアリババ代行について【メリットや活用法】

中国輸入のアリババ代行について【メリットや活用法】

中国輸入の主な仕入先の一つとしてアリババが挙げられますが、アリババ仕入では交渉能力が欠かせません。

特に中国輸入ビジネス初心者の方は、仕入に苦戦するでしょう。

 

アリババに限らず、中国ECサイトは日本語に対応していないので、なかなかスムーズにやり取りが進みません。

中国語は特に、日本語に直訳すると意味が通じなかったり、絶妙なニュアンスが伝わりにくいと言えます。

 

 

しかしこれらは、アリババ代行を使う事で解決できます。

こちらでは、中国輸入のアリババ代行についてメリットや活用法を解説していきます。

 

 

関連:アリババ代行にこそ業者が欠かせない理由【プロの交渉術必見】

 

 

 

中国輸入でアリババ代行が必要な理由

中国輸入ビジネスでは多くの人がアリババから仕入れを行います。

 

アリババはタオバオとは違いB2B(企業間取引)のサイトなので、個人仕入れの場合はやや仕入が難しい印象です。

一度に注文しなければならないロット数などが定められており、資金力がないと、仕入は厳しいと感じるでしょう。

 

さらにアリババで仕入れた商品は日本には直送できないので、代行業者を介さずには日本に輸入できません。

アリババ仕入を行う際は、中国輸入代行業者現地パートナーを介し、代行してもらう事が必須なのです。

 

 

アリババ仕入とタオバオ仕入れの違い

 

似たようなサイトに感じるかもしれませんが、アリババ仕入とタオバオ仕入れには大きな違いがあります。

 

アリババは卸業者との出会いをサポートしている面が強いため、ロットで注文をするような大量仕入れに向いているサイトです。

ロット単位で大量に仕入れを行えば、その分コストを抑える事ができ、売上に対しての利益額も増やすことが可能です。

 

しかし、1個単位でも注文が可能なタオバオと違って、アリババでは最小ロット数が決まっている事が多く、その場合、それ以下の数では仕入れができません。

高額な商品の場合は1個単位でも仕入れができるものもありますが、衣料品や単価の安いものは最小の仕入れ数が10個以上の場合がほとんどでしょう。

 

事前にリサーチをしっかりと行い、最初はなるべく小ロットで仕入れて、仕入先の品質などを確かめながらなるべく高品質な工場から仕入れるようにしていきたいですね。

 

 

アリババで個人仕入れを行う問題点

国際発送の問題以外にも、アリババで個人仕入れを行う問題点がいくつかあります。

 

まず、商品が届いてから、写真と全く違う商品が届いていたり、不良品が届くというのは良くあるケースです。

返品や交換に応じてもらうことはできますが、もし応じてもらえたとしても返送料や手間がかかってしまいます。

 

 

ですが、アリババ代行を利用していれば、これらの問題が起きた際も代行業者がすべて対応してくれます。

中国国内で検品が行われるので、不良品が見つかった際は中国側にあるうちに、スムーズに返品が出来ますし、交換してもらます。

 

トラブルは代行業者が出来るだけ中国側で対処して、日本に発送してくれるので、このような不良品等があった際にも安心です。

アリババから日本に直送できる事もありますが、もし日本についた際に不良品が見つかると、泣き寝入りするしかない場合もあり、無駄な費用を生んでしまいます。

 

なので、なるべく中国側で対応してもらう為にも、アリババ代行を使う事が必須と言えるでしょう。

 

 

 

中国輸入でアリババ代行を活用するメリット

アリババ代行とは、中国のBtoBサービスであるアリババからの仕入れを代行してくれるサービスです。

中国輸入ではアリババ代行をうまく活用していくことで、仕入れ単価をさらに下げられる可能性もあるでしょう。

 

 

中国輸入ではアリババと並んで、タオバオも有名です。

タオバオの場合は、CtoCなので、個人向けに販売しているショップが多く、1個から仕入れる事が出来るので、好きな商品を自由に仕入ることができます。

 

一方でアリババの場合は、前述したようにBtoBなので、タオバオのショップの仕入れ先となっている工場や卸売業者から直接商品を購入します。

ショップから仕入れるタオバオと、工場などから直接仕入れるアリババでは、大きく異なりますね。

 

 

タオバオよりもアリババの方が安く仕入れられる傾向にあり、さらにアリババ代行を利用すれば、工場などに直接交渉を行えるので、格安で仕入れができるでしょう。

 

また、アリババ代行サービスを行っている代行業者の中には、FBA倉庫に直送してくれるところもあります。

FBA倉庫に直送できれば、日本で商品のラベル張りや梱包を行う必要がなく、商品を自宅や倉庫に届けずに納品できるので、とても効率的です。

 

 

 

アリババ代行の活用法

アリババ代行を活用する事で、仕入価格を下げることができ、日本に商品が送れるようになります。

そのほかにも、アリババ代行の有効的な活用法があるのでご紹介します。

 

  • 中国語の話せるビジネスパートナー
  • 安定した仕入れ先と出会う

 

 

中国語の話せるビジネスパートナー

アリババ代行を活用する事で、中国語の話せるビジネスパートナーと出会う事が出来ます。

 

アリババ仕入では、工場から直接商品を卸してもらうので、中国語ができるプロが交渉したほうが、よりスムーズに交渉が進むのは明らかです。

中国輸入ではそういった、中国語の話せるパートナーを見つけるのは難しいですが、アリババ代行には中国語を話せる交渉のプロのが揃っています。

 

なので、ビジネスパートナーを見つけるつもりでアリババ代行を選んで活用すると良いでしょう。

 

 

安定した仕入れ先と出会う

タオバオなどの個人や、小売店からの仕入れは在庫切れになったり、突然販売中止になったりと、安定しません。

安定して販売できていた売れ筋商品が販売できないとなれば、特に大きな痛手となるでしょう。

 

売れると分かっていても、手元にない商品は販売できないので、せっかくのチャンスも逃してしまいます。

なので、アリババ代行を活用してアリババから仕入れ、工場や業者からの仕入れルートを開拓しておくと良いですね。

アリババ代行を活用すれば、中国輸入ビジネスでの成功を継続させるのに役立つはずです。

 

 

中国輸入でアリババ代行を利用する流れ

どこの代行業者を利用するにせよ、アリババ代行の流れは基本的に同じです。

 

まずは、欲しい商品を依頼し、価格の交渉などを行ってもらいます。

仕入も代行してもらう事が出来ますが、自分で決済する事も可能です。

 

業者の方針に合わせて商品を仕入れたら、代行業者の倉庫へと商品が届き、検品が行われます。

検品で不良品等が見つからなければ、日本に発送されるという流れです。

代行料金などは基本的に、先払いが多いですが、あとから請求があるところもあります。

 

料金形態やサービス内容は代行業者によって違うので、利用する前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

アリババ代行の選び方

アリババ代行はネットで検索してみると分かるように、いくつも代行業者があります。

なので、どの業者を選んだらよいのか分からず、迷ってしまう方が多いでしょう。

 

こちらでは、アリババ仕入を検討している方で、アリババ代行を利用したいと考えている人に向けて、アリババ代行業者の選び方を解説します。

 

  • 送料
  • 信頼できるかどうか
  • 手数料形態

 

 

送料

アリババ仕入を行う際は、日本に向けて国際便で発送します。

国際発送には、DHLやEMSなどがありますが、商品の重さや大きさ、納期などによって適切な配送方法を選ぶ必要があります。

 

なので、アリババ代行を選ぶ際は、国際配送の種類が豊富で、その時の商品に応じて一番安いものを選んでくれる業者を選びましょう。

一般的には貨物の重さで送料は決定します。

 

中国輸入ビジネスでは、仕入にかかる費用をいかに抑えることができるか、が大きなポイントになってくるので、他のライバルよりも安く仕入れて利益率をアップさせましょう。

コスト削減のためにも、送料が安い代行業者を選ぶと良いですね。

 

信頼できるかどうか

アリババ代行を行っている代行業者の中には、日本語でやり取り可能とあっても、実際に日本人スタッフがいるかどうかは分かりません。

なのでチャイナリスクを理解して、なるべく信頼できる代行業者を選ぶようにしましょう。

 

何か細かい要求を伝えたいときも、やはり日本人スタッフがいた方が安心ですね。

代行業者に電話をかけたりして、日本人スタッフがいるか確認しておくと良いでしょう。

 

また、アリババ仕入を行う際に、いきなり大量の発注をするのはリスクが高すぎます。
なので、小さな金額から、少ないロットから仕入れを行い、信頼できる業者かどうかを取引の中で判断するようにしてください。
信頼性についてはとても重要なポイントとなるので、常に注意を払うべきですね。

 

手数料形態

アリババ代行の手数料体系は、代行業者によって変わってきます。

代行業者によってはどうしても合わないこともあるので、注意しましょう。

 

中には、重量がある点を超えると送料が跳ね上がるような代行業者もあり、この場合大量の仕入れをするのは無謀な話になってしまいます。

小口での仕入れを希望するなら、小口仕入れに有利な業者を選ばないと損ですし、大量仕入れをするつもりなら、重量が大きくなるにつれて、料金が安くなる業者を選ぶと良いでしょう。

 

EMSやDHLといった使う国際便が同じ場合でも、送料の計算方法は輸入代行業者によって変わってきます。
なので、自分の目的や中国輸入のスタイルに合わせ、良い手数料体系の業者を選ぶことが重要と言えます。

 

 

アリババ代行はいつから活用すべき?

 

アリババ仕入はロット単位での仕入れが基本となり、卸売や工場からの直接仕入れを行う事になるので、中国輸入を始めたばかりの方には向いていないでしょう。

 

単価はタオバオ仕入れよりも安くなりますが、大量に仕入れを行うほど在庫リスクや不良品のリスクも上がってしまいます。

まずは、売れ残りがでないだけの分量がわかるだけのリサーチ力が必要になるので、タオバオ仕入れから行い、タオバオ代行サービスを利用した中国仕入れから始めるのがおすすめです。

 

タオバオ代行もアリババ代行も、同じ代行業者が行っている事がほとんどなので、中国輸入ビジネスに慣れて利益が出てきたら、アリババ代行も活用していくと良いでしょう。

 

コツが掴めてくれば、卸業者からの仕入れも検討できる情報が揃うので、リスクを減らして仕入ができるようになります。

 

 

 

最後に

中国輸入のアリババ代行について、メリットや活用法を解説しました。

 

アリババ仕入こそ、代行業者が欠かせないので、仕入れの際はぜひ今回解説した代行業者選びのポイントを参考に、アリババ代行業者を選んでみて下さい。

 

 

利用するまでには不安な点も多いとは思いますが、一度利用してしまえばその便利さに気づくでしょう。

個人で仕入れる場合、色々なトラブルや問題が起こるので、代行業者を利用するコストよりも、もっと無駄なコストがかかってしまう可能性が高いです。
信頼できる代行業者と出会えれば、その後の安定した中国輸入ビジネスを継続していけるはずです。

 

今回ご紹介した様々なポイントやアリババ代行の特徴、メリットなどを参考にして頂ければ幸いです。

 

 

関連:アリババ代行のおすすめ

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。