タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入ビジネスはいくらから始められるのか

中国輸入ビジネスはいくらから始められるのか

中国輸入ビジネスの資金

pay

中国輸入ビジネスではどれぐらいのお金があれば始められるのでしょうか?

今回は中国輸入ビジネスでよく利用されているタオバオアマゾンといったものを使う上で
どれぐらいの元手が必要になるのか考察してみました。

アマゾンを利用する場合

amazon2

アマゾンは日本で転売をするためのサイトです。

アマゾンでは手数料を支払えば個人でも企業でも誰でも商品を売ることができます。

基本料が無料で販売価格から手数料が引かれるものもあるのですが
ビジネスユースであれば月額5000円のコースで始めて行きたいところです。

月に30個程度の販売ができていれば手数料の割引分で月額料は取り戻せるのですが
まずは一年間利用するとして6万円は必要になるお金になります。

中国仕入れの元手

中国から仕入れをする場合にはまずは少ない点数から仕入れをしていきます。

実際に仕入れと販売をして大量に取り扱えるものかどうか見極めるためです。

商品にもよりますがまずは10万円ほどあれば十分に余裕があります。

売れた代金はまた仕入れ費用に回すことになるので
販売をうまくやっていき仕入れの元手を増やすことが当面の目標になります。

その他コストについて

shipping (3)

商品を販売する場合には荷物の梱包も必要になります。

ダンボールやスポンジ状の緩衝材といったものをホームセンターで揃えます。

大きなものを売る場合でも5000円もあれば揃えられるはずです。

大量に商品を扱うようになればもっと安く、ホームセンターまで出掛けなくても
梱包材が揃えられるようにしておきたいですね。

販売方法によって異なりますが送料についても調べておくといいでしょう。

より送料を安く済ませたいのであればFBAの活用も考えてみるといいかと思います。

元手はどれぐらい必要なのか

実際に元手として必要となる金額は仕入れの元手と消耗品で必要な10万円です。

商品を随時販売していけば手数料は売上金から支払われるので問題ありません。

お金を残しておく必要はありませんが
余裕を持つならさらに5万円ほどの出費も計算に入れておくといいでしょう。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。