タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入送料について

中国輸入送料について

中国輸入における送料相場

代行

中国輸入での送料はどれぐらいの金額になるのでしょうか?

今回は中国から輸入する際にかかる送料を
輸送方法別に解説いたします。

送料の決まり方について

重量計

海外から輸入する時の送料は基本的に重量と体積によって決まります。

航空便であれば重量の方がより重視され
500g刻みで送料が決まるため
その時の仕入れ内容によって送料が違います。

船便のように体積で送料が決まるものもあります。

国際スピード便・EMS

ems

中国輸入ではEMSが一番よく使われている配送方法です。

1kgで220元となっていて、重量が増えれば送料も増えます

中国輸入では仕入れから販売までのスピードを早めた方がいいので
配達までの日数が短いEMSを使うことが多くなります。

DHL便・OCS便

OCS NEW LOGO

EMSのサービスをしているのは世界各国郵便局で
DHLやOCSはEMSとは別のグループが行う配送サービスです。

DHLの場合には重量に基づく送料に加えて
燃料サーチャージ代も加算されます。

EMSではなく別の会社を使う要因としては
関税の支払いが前払いできたり後払いができる点があります。

関税の請求が宛先ではなくなるのでFBAへの直接納入に使う人もいるようです。

船便

船便は中国輸入ではあまり使うことがないかもしれません。

到着まで1ヶ月以上かかることが普通で
到着するまでの価格変動リスクもあるため
Amazonで販売する場合には厳しい点が多いからです。

ただ、一番安い輸送方法ですので
大量仕入れが可能で到着が遅くても問題ないようなケースでは
船便を使った方法も検討する余地はあります。

中国輸入送料についてまとめ

中国輸入では送料は仕入れする商品や数によって変わります。

ですが、商品の重量などから
送料にどれだけ影響を与えるかは計算できますので
リサーチ段階で商品の重量についてもメモしておくといいと思います。

また、輸入代行を使うことで複数の仕入先から届いた商品を
まとめて海外搬送することで送料を安くすることもできます。

こうした送料を安くする手段を活用しながら
中国輸入での利益を少しでも大きくしてみましょう。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。