タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入OEMとはなにか

中国輸入OEMとはなにか

中国輸入OEM

OEM

中国輸入では他の販売者と同じ商品を売ることも多く
価格競争が引き起こされることが珍しくありません。

独占的な販売ができない以上仕方のない事なのですが
OEM商品を取り扱うことで価格の下落を抑えやすくなります。

OEMとは何なのか、どうすれば取り扱いできるのか
今回は中国輸入でのOEMについて解説します。

OEMとは

質問

OEMとは他社製品を自社ブランドの製品として
製品名を変えて生産したもの
を指します。
また、OEM製品を作る行為を意味します

OEMできるかどうかは工場との交渉次第ですが
受け付けているところは少なくないので
安定した売上が確保できているようなら検討する価値があります。

タオバオなどで売られている製品には
中国語が記載されていることが多いですが
これらを日本語に印刷してもらうといったことができます。

日本向けに生産してもらうことで
新商品にも着手しやすくなります。

OEMのメリット

OEMして仕入れをするメリットは
自社製品として別の商品として扱ってもらえることです。

特にAmazonでの販売で有効で、ASINコードが別になれば
ライバルがいません
から赤字販売に追い込まれるリスクを減らせます。

日本語説明書やパッケージを工夫することで
知識不足でそれまで購入に至らなかったような方にも商品が売れるようになり
新たな商品需要に応えることもできます。

OEMをすることでより自由自在なビジネスが展開できるようになるのです。

付属品やパッケージについて

OEMで自社商品を作る場合には
付属品やパッケージ化の作業も中国で行います。

自分で付属品を印刷したり商品を詰め替えてもいいですが
売上数が期待できる場合には現実的な方法ではないでしょう。

OEMにすべきかどうか

比較

OEMは中国輸入での一般的な仕入れと比べると
商品を準備する手間がかなり増えますので
どんな商品でもOEMにすればいいというわけではありません。

ただし、ブランド化に成功すれば
転売をするだけの中国輸入ビジネスよりも
一歩進んだビジネスのやり方も見えてくるはずです。

輸入転売の次の一手を探す方は
OEMによる自社商品について考えてみてもいいのではないでしょうか。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。