タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国商品を仕入れる3つの方法

中国商品を仕入れる3つの方法

中国商品を仕入れる3つの方法

buyer
安物買いの銭失いと言われた時代もありますが
今では質の高いものも増えてきた中国製品は
物販において魅力的な商材です。

仕入れ値が極端に安いですし、質としては十分で
大量生産で品切れということも少ないですからね。

しかし、みなさんどうやって中国製品を仕入れればいいと思いますか?

意外と知られていない中国製品の仕入れ方法を3つ紹介します。

義烏市場で仕入れる

yiwu3
義烏(イーウー)は世界最大規模の卸売市場で
世界中のバイヤーが詰めかけている場所でもあります。

仕入れ値は相場の20%から10%と通常ではありえない安さ
日用雑貨からアクセサリーやラグジュアリーまで揃う
何もかもが世界規模な場所となっています。

小売で働く方なら一度は聞いたことがあるほど有名な場所なのですが
中国語が必要なので簡単に仕入れができるような場所ではありません。

タオバオで仕入れる

taobao2
淘宝網(タオバオ)は中国で最大手のショッピングサイトです。

日本のソフトバンクと関係のあるアリババ・グループの運営するサイトの1つで
オークションサイトとネットショッピングモールを混ぜたようなサービスをしています。

中国語が必要ですがネット上の取引なので
日本からもタオバオを使った仕入れをしている方は少なくないようです。

ただ、日本人が利用するためには中国の銀行の口座が必要になるほか
中国人の保証人も必要ということでハードルは高いです。

輸入代行業者で仕入れる

biz5
輸入代行業者に義烏や淘宝網での仕入れを代行してもらうことで
中国製品を仕入れることもできます。

中国製品を販売するとどれぐらい売れるのかといった小手調べをするなら
まずは代行業者を使って商品を手に入れてみるといいかと思います。

手数料などが上乗せされるシステムなので割高ではありますが
代行業者のいいところは全て日本語で取引ができることです。

中国では英語での取引もできないことが多いので
中国語のできる仲介役が必要になります。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。