タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入の相乗り出品のデメリット【注意すべきポイントは?】

中国輸入の相乗り出品のデメリット【注意すべきポイントは?】

中国輸入×Amazon販売の販売方法は、主に新規出品と相乗り出品の2つになります。

 

 

中国輸入ではOEMに取り組む方が多く、OEMの方が稼げるといった風潮にあるため、新規出品を行う人が多い傾向にあります。

中には、「相乗り出品は稼げない」「中国輸入では取り組むべきではない」という声もありますね。

 

 

確かに、中国輸入ビジネスで相乗り出品は稼ぎにくくなっています。

利益率も低くなってきているので初心者の方にはおすすめの方法ではありませんが、稼げないわけではありません。

 

 

こちらでは中国輸入の相乗り出品のデメリットについて知り、相乗り出品で失敗しないために注意すべきポイントを理解していただければと思います。

 

 

関連:中国輸入の相乗り出品と新規出品はどちらを取り組むべき?

 

中国輸入の「相乗り出品」のデメリット

amazon

相乗り出品とはアマゾンの販売方法の1つで、すでにある商品ページで自分の商品を売ることを相乗り出品と言います。

簡単に出品できる方法としてよく行われている相乗り出品ですが、実はビジネスを阻害する可能性もあることが指摘されています。

 

こちらでは、中国輸入で相乗り出品をするとどんなデメリットがあるのか解説します。

 

 

  1. 販売価格が下がってしまう
  2. 利益率が低い
  3. リサーチ作業を続けなければならない

 

 

販売価格が下がってしまう

money

 

相乗り出品をするとどうしても価格競争に巻き込まれてしまうので、商品価格を安くせざるを得なくなり利益が少なくなってしまいます。

しかも、近年では中国輸入ビジネスへの参入を増えてきており、ライバルの増加によりその価格競争もさらに過激なものになっています。

 

最初は高く売れていたビジネス的に美味しい商品と思っていたものがライバルが増えた結果、商品を黒字で手放すことも難しいというようなケースも出てきているのです。

 

利益率が低い

前述したように価格競争により販売価格がどんどん下がっていってしまう可能性があるので、利益率も下がってしまいます。

既にAmazonで販売されている中国輸入転売商品の多くは、価格競争により利益率が低くなった商品ばかりになっているのです。

 

なので、その中らから利益率の高い商品を見つけるのがかなり難しくなっています。

新規出品の利益率と比べてしまうと、相乗り出品で同じような利益率を得るのはまず無理でしょう。

 

相乗り出品だけで稼いでいこうという考え方は、中国輸入で安定して稼いでいく上では危険だと言えます。

 

 

リサーチ作業を続けなければならない

利益率が低いので、相乗り出品では沢山の商品数を扱う必要があります。

また、どんどん利益の出ない商品が出てきますから、リサーチ作業をずっと続けていかなければならないでしょう。

 

 

販売数を増やすという事は、仕入れる数も増えますから、その分のリサーチ作業が必要になります。

こういった作業時間も考えると、相乗り出品は出品自体は簡単ですがかなり時間と労力がかかると言えます。

 

 

相乗り出品をさせない方法

unified-communications

相乗り出品に頼りきらず、他のライバルのいない販売方法はあるのでしょうか?

一番有効な方法は商品を販売する際に必要となる商標権を自分で取得して独自の商品として販売することです。

 

同じハサミであっても少しだけ差別化することで自分だけの販売ページにできます。

何らかの付加価値があれば十分なので、それほど難しいことではありません。

 

ただ、これまで相乗り出品をしていた方にとっては
商品カタログの準備という作業が必要になることで出品により多くの手数が必要になります。

 

ですが、将来性を考えると独自商品を作ることはいいことで、アマゾンで売れ行きがよい商品であればなおさらのことです。

 

 

相乗り対策の注意点

ただし、ここ最近のアマゾンでは相乗り出品をさせないために作られた商品ページの数がかなり多くなってきています。

もしかするとあまり簡単な方法で作った商品ページではアマゾン側の判断で消されてしまうことは検索から排除される可能性もあるかもしれません。

 

自分の商品だけの独自性があることをうまく伝えることに力を入れてみましょう。

 
相乗り対策の差別化については、こちらの中国輸入で商品を差別化する方法とポイントの記事が参考になります。

 

 

最後に

中国輸入の相乗り出品のデメリットについて、注意すべきポイントを解説しました。

 

今から中国輸入ビジネスを始める方が、いきなり相乗り出品で稼ごうとするのは難しいと言えるでしょう。

しかし稼げないのかというのとそうではなく、まだまだ稼げる可能性は十分にあります。

 

 

中国輸入ビジネスは参入者も多くなり、相乗り出品で昔のように簡単に稼げる時代ではなくなったので、適当に選んで出品しただけでは稼げません。

相乗り出品で稼ぐためには、リサーチに力を入れ相乗り出品のデメリットとメリットをしっかりと理解しておくことが大切なのです。

 

これから中国輸入の相乗り出品で稼ぎたいと思っている方は、是非中国輸入の相乗り出品と新規出品はどちらを取り組むべき?の記事も読んでみて下さい。

 

 

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。