タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入で相乗りして良い商品ページの判断方法

中国輸入で相乗りして良い商品ページの判断方法

中国輸入では安易に相乗りしてしまうと、嫌がらせを受けてアカウント停止などのリスクを負う可能性があります。

なので、特に中国輸入初心者の方は相乗りする商品選定に注意しなければなりません。

 

特に今は中国輸入出品者や商品もぞくぞくと増えているのでなおさらですね。

こちらでは、中国輸入で相乗りして良い商品ページの判断方法を解説します。

 

是非、商品リサーチ時の参考にしてください。

 

 

関連:中国輸入の相乗り出品と新規出品はどちらを取り組むべき?

 

 

 

中国輸入のリサーチ段階でそもそも外すべき商品

中国輸入して販売しても利益を得られないであろう条件の商品は、リサーチ段階でそもそも外すべきです。

中国輸入で相乗りして良い商品ページの判断方法を解説する前に、まずは以下を確認していきましょう。

 

  1. 出品者が多すぎる(カートが取得できない)
  2. 出品者の中に家電量販店や専門店がいる(同上)
  3. Amazon本体が出品している商品(Amazonには勝てない)
  4. 出品者が1人だけの商品(オリジナル商品である可能性が高い)
  5. 画像に日本語の記載がある(同上)
  6. 欧米系のメーカー商品(仕入先を見つけられない)
  7. 重量や容量が大きすぎる(輸送コストが高い)
  8. キャラクターやブランド名が入った商品(知的財産権)

 

 

相乗り出品とは、既にマーケットプレイスにある商品ページに出品する事です。

しかし、せっかくリサーチで利益の出そうな商品が見つかっても、そのページには相乗りできない事があります。

 

また、出品した後に他の出品者からクレームが入り結局販売できなくなってしまうでしょう。

 

 

また、中国人セラーが販売している商品も注意が必要です。

その理由としては、中国人セラーの嫌がらせが多発しており、大量の偽注文を入れられたりするなどの被害が起こっているためです。

 

なので、中国人セラーのいる中国輸入商品は扱わないのが無難でしょう。

 

 

 

 

Amazonマーケットプレイスの規約を確認する

 

まずはAmazonの規約を読み、相乗り出品のルールを確認しましょう。

 

Amazonの規約には、商品カタログは1商品につき1ページのみというルールがあります。

同じ商品は同じ商品ページに出品してくださいという事です。

 

 

また、出品者の禁止行為として以下が定められています。

  • ノーブランド品をオリジナル商品として販売する事
  • ノーブランド品の商品ページでオリジナル商品だと説明する事
  • ノーブランド品に会社名などのシールを後付けする事

 

つまり、Amazonに相乗り出品する際のルールを整理してみると、独立化していない中国輸入商品の相乗りであればOKという事になりますね。

例外の場合もありますが、大抵はこの判断で問題ないでしょう。

 

 

 

中国輸入で相乗りして良い商品ページの具体的な判断方法

ここからは、中国輸入で相乗りして良い商品ページの具体的な判断方法を解説します。

良く分かっていない方が多いと思いますので、ここで明確にしておきましょう。

 

 

  1. JANコード取得済の商品
  2. オリジナルパッケージと書いてある商品
  3. 独自ルートで仕入れていると書いてある商品
  4. オリジナル商品と書いてある商品
  5. OEM・ODM生産だと書いてある商品
  6. オリジナルセットの商品
  7. 商標登録済と書いてある商品

 

 

JANコード取得済の商品

よく商品に「JANコード済」などと書いてあることがあります。

しかしJANコードとは、商品を識別するための認識番号なので、JANコードを取得しているからと言ってオリジナル商品というわけではありません。

 

したがって、このような記載があっても相乗り出品は可能と判断できます。

 

 

オリジナルパッケージと書いてある商品

相乗り出品して良いかどうかは、本来Amazonの規約にあるように、同一商品かどうかが重要なポイントになります。

Amazonの見解では、例えパッケージが違っても、内容が同じであれば同じ商品として認識されます。

ですが、場合によってはその逆の対応をされる事があるので注意が必要です。

 

もし、オリジナルパッケージと書いてある商品に相乗りすると、購入者に「パッケージが違った」とクレームを受ける可能性があるのです。

この場合Amazonに申し立てを行うと出品停止になる事があり、大きな手間がかかってしまいます。

 

このような事態を避けるためにも、オリジナルのパッケージを用意している商品には相乗りしないほうが無難です。

 

独自ルートで仕入れていると書いてある商品

相乗り出品して良い商品のポイントは、同じ商品であるかだけなので、仕入れルートがどこかは全く無関係です。

よって、独自ルートの仕入れと書いてあっても、相乗り可能です

 

実際に、独自ルートなのかは不明ですし、証明もできません。

なので同一商品であれば相乗りして大丈夫です。

 

オリジナル商品と書いてある商品

オリジナル商品と書いてあるからと相乗りを断念するのではなく、まずオリジナル商品と書いてある根拠を確かめましょう。

例えば、商品自体にロゴが入っていたり、独自のラベルやタグが付いている場合は、オリジナルパッケージを用意しているときの理由と同様で、避けた方が良いでしょう。

 

実際に自分でその商品を購入してみると、判明できます。

 

OEM・ODM生産だと書いてある商品

まずは、OEM・ODMの意味を理解しましょう。

 

簡潔に説明すると、

  • OEM:独自のロゴやタグのついたオリジナル商品
  • ODM:デザインや色、素材などを変更したオリジナル商品

となります。

 

ここでも重要なのは、OEM生産だと主張する根拠を見つける事です。

OEMと記載があっても、本当にOEM生産商品かどうかは分かりません。

 

アリババやタオバオで販売されている商品と全く同じであれば、相乗り出品可能です。

もし、OEM・ODM生産だと判明した際は、相乗り不可です。

 

オリジナルセットの商品

オリジナルセット商品と書いてある商品も、全く同じ商品のセットならば相乗り可能です。

しかし、時々セット商品の画像がない場合があります。

 

画像のない商品はルール違反なのですが、「購入者がどう判断するか」が重要なポイントになるので、判断基準の一つとしましょう。

 

商標登録済と書いてある商品

商標登録済と書いてある商品は基本的に法律的な問題が絡んできます。

なので、これを表示する事によって大きな影響力があります。

 

商標登録済かを確かめるには、特許情報プラットフォームが便利です。

 

 

 

中国輸入の相乗り出品で稼ぐための商品選定方法

中国輸入で相乗り出品して良い商品ページが分かったところで、稼ぐための商品選定方法をご紹介します。

リサーチ時にどのようなポイントをチェックすればいいのか分からない方は、以下を意識してみて下さい。

 

  1. ランキングの増加回数が7回以上ある
  2. 出品者数が2人以上7人以下
  3. カート取得価格
  4. 商品のサイズ
  5. モノレートで過去3カ月のグラフを確認する

 

 

ランキングの増加回数が7回以上ある

ランキングの順位はそこまで気にしなくて良いので、ランキングの増加回数に目を向けましょう。

1か月にランキングがどれだけ増加しているかが売れ行きに大きく関係してきます。

 

あまりにもランキング変動の少ない商品は売れている可能性が低いでしょう。

最低でもランキングの増加回数が7回以上あると良いですね。

 

 

さらに、ランキングが上下した=売れたと考えられるので、だいたいの販売数が予測できます。

その販売数を出品者数で割った際に1以上になるか確認しましょう。

この数が大きいほど、ライバルは少なくカートも取得しやすくなります。

 

モノレートで大体の販売数は予測できますが、正確な販売数を知りたい場合は、在庫追跡系のツールを使う事になるでしょう。

 

出品者数が2人以上7人以下

ライバル出品者が多いと、価格競争も当然起こりやすくなります。

なので、出品者数は2人以上7人以下が狙い目でしょう。

 

もちろん、中国輸入ビジネスの実績を積んでいけば、ライバルにも勝てるようになるので出品者が多くてもカートを取れますが、最初のうちはまず無理です。

 

 

また、良く売れている商品にも関わらず、出品者一人しかいないような商品は要注意で、前述したようにオリジナル商品である可能性が高いです。

なので、仕入候補からは外したほうが無難でしょう。

なんらかの相乗り防止策を打ち、独占販売している事が多いので、諦めましょう。

 

 

また、表示されている出品者の中でもどこまでがカート取得に絡んでいる人数が重要となります。

大体カート価格から10%以上離れているセラーや自己出荷セラーはカートを取れていないので、実際にカートを取れている人数を確認しましょう。

 

そして、そこに自分が参入してもカートが取れるのか、を考えて下さい。

 

カート取得価格

中国輸入商品の価格は大体、1500~3000円ほどが多いでしょう。

FBA販売の場合は、それ以下の価格だと手数料でほとんど持っていかれてしまうため、利益が出ません。

 

できるだけ価格の高い商品の方が利益は取りやすいですが、中国輸入では商品の安さも売りなので、常にバランスを意識する事が大切です。

 

商品のサイズ

商品のサイズは小さいほど扱いやすいので、なるべく1辺50センチ以下の商品を扱うようにしましょう。

また、重量の目安としては1キロ以下が望ましいです。

 

1キロ以上ある商品を扱いたい場合は、販売価格を3000円以上にすれば利益が出るでしょう。

なぜ商品のサイズにこだわるのかというと、その価格で利益が出るかを考えるのに重要な指標となるからです。

 

軽くて薄い商品ほどコストがかからず、重くて大きい商品ほどコストがかかるので、なるべくコストを抑えるためにも、最初のうちは小さい商品がおすすめです。

 

モノレートで過去3カ月のグラフを確認する

モノレートで見るべきは1か月のランキングの変動だけではありません。

過去3カ月にさかのぼってグラフを確認する必要があります。

 

もし過去のグラフを確認し、よりも保っていた価格よりも20%以上上下している場合は、リサーチ対象から外してください。

 

また、出品者数の上下も重要で、1か月に急激に出品者が増えているような商品は扱わないほうが良いでしょう。

 

 

過去に価格が下落していないかどうかを確認するのは、今後価格が下落する可能性を知るためです。

最低でも3カ月前まで確認しないと分からない事が多いので、これまでの最安値や出品者数を確認するようにしましょう。

 

 

最後に

中国輸入で相乗りして良い商品ページの判断方法と、相乗り出品で稼げる商品選定の方法を解説しました。

 

リサーチをしっかり行えば、飽和気味と言われている相乗り出品でもまだ稼ぐ事が出来ますが、大変そう、不安、という印象を持った方もいるかもしれません。

半分は正解ですが、今回解説したポイントを踏まえてしっかりリサーチを行えば、稼ぐ事が出来るはずです。

 

 

 

相乗りしてはいけない商品ページに相乗りして、時間を無駄にしてしまわないためにも、今回の記事をしっかり読んで頭に入れておいてください。

中国輸入初心者の方はまず、相乗り出品で利益を出し稼げるようになるのが目標です。

いずれはOEMなどを行い売上アップを狙っていきますが、まずは相乗り出品をマスターしましょう。

 

 

関連:中国輸入の相乗り出品と新規出品はどちらを取り組むべき?

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。