タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入におけるリサーチ方法

中国輸入におけるリサーチ方法

中国輸入のリサーチ方法

reserch2
中国輸入で商品を選定することをリサーチと呼びます。

仕入れ値がどれぐらいなのか、日本で売るといくらぐらいになるのかなど
商材として使えるかどうかを判断していく作業です。

利益に直接響いてくる商品の選定ですから
中国輸入が成功するかどうかはこのリサーチ作業にかかっているといってもいいでしょう。

どんな方法でリサーチをしていけばよいのか
中国輸入におけるリサーチ方法について解説いたします。

リサーチでチェックすべきこと

globe, group of the people and notebook on white background
リサーチ作業で絶対にチェックしておくべきことをまずは抑えましょう。

  • 仕入れ値
  • 日本での相場
  • 日本での販売数

仕入れ値は安ければ安い方がいいですが商品の質にも注意が必要です。

日本での相場と比較して利益が確保できるようであれば合格ですね。

類似商品などから販売可能な個数や回転率を算定しておくと効率がよくなります。

利率がよくても売れなければ利益にはなりませんが
利率が低くても数多く販売することでより効率的に稼げることがあります。

商品の質

made_in_china
ある程度ビジネスが軌道に乗ってくると
全く売れない商品、不良在庫が出始めます。

安いからといって商品の質が悪く悪評が広まればなかなか売れなくなるからです。

特に中国製品では商品の品質の差が大きいですから
取引量が大きいようであれば商品の質のチェックも必要になってきます。

仕入れ前にチェックするというのも小口では厳しいものがあるので
中国輸入のリスクのひとつとして頭に入れておくといいでしょう。

リサーチで使うサイト

internet5
リサーチをするのであればネット上で全て完結できるのが理想的です。

ネット上で済ませられればリサーチ作業が効率化できますからね。

例えば、仕入先はタオバオや天猫を見ればいいですし
日本の相場を見るならアマゾンやヤフオクなどをチェックすることになります。

中国輸入の場合には全く同じ商品がすでに売られていないケースも多いので
同じジャンルの商品などから売却可能な価格を算出してみましょう。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。