タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入は飽和している?稼げない?【今の時代に稼ぐ方法】

中国輸入は飽和している?稼げない?【今の時代に稼ぐ方法】

中国輸入ビジネスは飽和しているから稼げないという話を聞いたことがありませんか?

 

 

実は、中国輸入ビジネスはとうの昔に飽和状態となっています。

それは、ノーブランド商品の商品ページに相乗りする、相乗り出品が主流の時代があったからです。

 

その時代に、稼げないという人が増えてしまいました。

 

 

しかし、今の時代も中国輸入で稼ぐことはできないのか、というそうでもありません。

 

こちらでは、中国輸入は飽和しているのかについて、また、稼げない今の時代に稼ぐ方法について解説します。

 

 

 

関連:中国輸入で稼げない人の3つの特徴

 

 

 

中国輸入は飽和している?稼げない?

 

現在中国輸入ビジネスでは稼げないのか、というと、実際には稼げないという事はありません。

 

特に相乗り出品では稼げないといわれていますが、相乗り出品もそれほど飽和しているというわけではありません。

相乗り出品は撤退した人が多いからです。

 

 

ですが、中国輸入で相乗り出品をずっと続けることはおすすめできません。

中国輸入で相乗り出品をするのであれば、出品において何かしらの規制がかかる場合や、専門的な商品を扱うメーカーや卸から仕入れているときのみにしましょう。

 

例えばもし商品リサーチをした際に、電波法食品衛生法などに引っかかる商品があれば、狙い目だと言えるでしょう。

 

 

中国輸入初心者の方は、簡単に扱える商品を狙いがちですが、初めから難しい方法に挑戦しておけば、後々簡単に攻略できるようになるのでおすすめです。

 

 

 

中国輸入の相乗り出品で稼ぐことが難しくなっている現代に、相乗り出品で利益を出す方法としては以下があげられます。

 

  1. 出品審査や法律が関わるカテゴリーを選ぶ
  2. 新規出品を行う
  3. 簡易OEMを行う

 

中国輸入初心者のうちは、感覚をつかむために相乗り出品でもいいのですが、後々は新規出品を行い独占販売をしていくことになります。

なので、なるべく早い段階で新規出品に切り替えたほうがよいでしょう。

 

 

OEMについては、中国輸入におけるOEMとは?【メリットやデメリットなど具体的に解説します】の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

中国輸入が飽和していると言われる理由

なぜこんなにも中国輸入は飽和している、稼げないと言われているのでしょうか。

 

 

その理由の一つとしては、ネットで情報が出回りすぎていることが挙げられます。

輸入ビジネスはライバルが多いのは事実ですが、あまりにもネット上にノウハウが流出しているために、 もうやっている人も多いし今更稼げない、飽和していると思われているようです。

 

確かに、中国輸入の実践者は多いですが、実際に稼げているのはごく一部でしょう。

リサーチが甘いと、その周辺のライバルが増えすぎて赤字になってしまうことはよくありますが、その上を目指していくことでライバルもぐっと減ります。

 

中国輸入などの輸入ビジネスではライバルが少ない土俵で戦うかがポイントとなるので、簡単に見つかるような商品を扱っていては利益も出ません。

 

なので、ライバルの多い商品ばかり扱って「飽和しているから稼げない」と思っているかたは勘違いなのです。

 

 

 

飽和してからがビジネスの始まり

中国輸入ビジネスに限らず、さまざまなビジネスに言えることですが、ビジネスは時間の経過とともに成長していくと言えます。

 

ビジネスの流れは時間ともに、

導入期→成長期→成熟期→衰退期

の四段階で分けられます。

 

 

誰でも稼げた時期というのは、参入者が少ない導入期~成長期だけで、その期間に稼げていたとしても自慢話にはなりません。

 

飽和しているといわれるのは、そのあとの成熟期~衰退期にかけてですが、しっかり勉強し知識をつけていてばこのような飽和状態でも稼ぐことができます。

 

なので、流行を追うよりも結果が出るまで待ち、知識をつけたうえで一つのビジネスに取り組むのがベストでしょう。

流行に流されて初心者の方が始めてしまうと、正しい方法を知らないためほとんどの方が脱落していきます。

 

 

今はネットや本などからたくさん情報を得られる時代なので、正しい情報さえわかれば昔よりも稼ぎやすくなっていると言えます。

 

 

飽和しているといわれる市場で稼ぐには?

なぜ、中国輸入は飽和していわれているのに稼ぐことができるのでしょうか。

飽和しているといわれている市場で稼ぐ方法を解説します。

 

  1. 勝てる市場で戦っている
  2. シェアを拡大する
  3. 他社との差別化

 

 

勝てる市場で戦っている

中国輸入が飽和していて稼げないと思う人は、勝てない市場に目がいきがちです。

 

例えば、今から始めて「スマホケース」などを狙っても稼ぐのは難しいでしょう。

市場が大きく、誰でもわかるような商品は、初心者では勝てません。

 

 

では、勝てる市場ってどこなの?という事になりますが、商品リサーチを入念に行い、ニッチな市場を狙っていく必要があります。

 

 

 

シェアを拡大する

勝てる市場を見つけたら、闇雲に売るのではなく、確実にシェアを拡大していきましょう。

 

他社商品が検索で、上位表示されるキーワードは何なのか、その検索1個1個で、自分の商品が1位になれるように分析が必要です。

 

検索表示1位になっている商品ページは、他社より売れている=シェア拡大というわけです。

 

なので、具体的には以下をやっていく必要があります。

  • 商品ページの改良
  • キーワードでスポンサープロダクト広告をかける

 

他社との差別化

他社がどんな商品ページにしているか、どのキーワードで表示順位が高いか調べたら、他社より優れたページ作り、キーワード対策を行いましょう。

 

重要なのは、購入者が何を求めているかを知り、それに合ったページ作りをすることです。

 

 

ここまで考えて商品ページを作れば、しっかり検索上位にあがってくるはずです。

 

 

 

これからの中国輸入ビジネス

今の時代で中国輸入ビジネスで稼ぐためには、単純転売だけでは稼げません

ただノーブランドの商品を、アリババやタオバオから画像を引っ張り商品を売るという手法はもう終わりなのです。

 

新規出品は難しそう、、と、OEMなどに手を付けなかった実践者の方は、次々に脱落していきました。

昔は単純転売だけをやっていた方も、今では単純転売をやめ、新たな道に進んでいる方がほとんどでしょう。

 

 

では、必ずしもオリジナル商品を製作しなければ、中国輸入では稼げないのでしょうか。

 

 

 

現代の中国輸入のビジネスモデル

 

従来の方法では中国輸入で稼ぐことは難しくなってしまいました。

しかし、必ずしもOEMやオリジナル商品を製作しなければ利益を出すことができないわけではありません。

 

新規出品というと、商品のブランディングがしっかりできる人でなければ稼ぐのは難しい、という印象がありますが、必ずしも既製品ダメというわけではないのです。

必要なのは、集客力だけです。

 

集客力さえあれば、OEMの開発費用に大量の資金をかけなくても、中国輸入で生き残ることができます。

 

 

集客力というのは主に、

  1. 商品開発の力
  2. コンテンツマーケティングの力
  3. 広告マーケティングの力

の3つのことで、商品開発も集客の定義といえます。

 

現代は、口コミやリピーターの影響力が強いので、売れない商品に人を集めたところで、いい結果を生み出すことはありません。

また、この商品開発というのは、 ゼロから計画し製図などをするのではなく、あくまでもほかのライバル出品者と差別化を図ることができる力です。

 

オリジナル商品を一から作成しなくても、パッケージを変えたり、セット化を行うことによって、 商品開発をすることができます。

 

そのためには、まず中国輸入の商品リサーチがしっかりできなくてはなりません。

リサーチの方法については、中国輸入商品リサーチの方法【コツもご紹介します】の記事を参考にしてください。

 

 

先ほど挙げた3つの集客の力について、さらに詳しく解説していきます。

 

 

商品開発の力

商品開発の段階では、どんなキーワードで集客するかを考えなければなりません。

 

なので、まずはAmazonのサジェストキーワードを拾い、どのキーワードがどのジャンルの集客キーワードとなっているのかを調べる必要があります。

続いて、参考にする商品ページのボリュームを調べるために、Amazonのキーワードボリュームをチェックしましょう。

 

 

これだけだと、総件数は分かりますが需要までは知ることができません。

なので、Googleのキーワードツールを使って、需要を調べていきます。

 

後追いになるため、このようにして参考商品の集客状況をチェックし、その商品ページに勝てる部分を探す必要があります。

勝てる部分というのは、画像の見せ方であったり、商品説明のライティング、商品自体の良さなどが挙げられます。

 

 

コンテンツマーケティングの力

商品ページ自体の力を上げる必要がありますが、そのためには、ライティング力を上げることが必須となります。

他の商品と比べた時に、強みとなる部分を文章で示していかなくてはなりません。

 

ですが、需要のないキーワードを強みにしたところ意味がありません。

なので商品開発の段階で調べた需要のあるキーワードと、照らし合わせて考える必要があります。

 

 

そして常に、集客状況をチェックする必要があるので、特定のキーワードで自分の商品ページが何位に来ているのかを調べましょう。

もし、自分のページよりも上位に来ている商品ページがあったら、必ず自分の商品ページと見比べるようにしましょう。

そこには、絶対にその商品ページに劣っている理由があります。

 

本来は商品開発の段階で念入りに調べておくべきですが、商品画像や商品説明を書き換えるだけで、後からランキングを上げることもできます。

この部分はそれなりに経験が必要になってきますが、アウトプットを徹底してマーケティングの本を読んだり、新規出品のコンサルなどを受ければ、あっという間にコツを得られるでしょう。

 

 

知識が不足していると、本当に消費者の求めている部分に気づくことができません。

なので、消費者の求める商品から得られるいい効果を見つけることが大切です。

そして、もし見つかったとしても、検証する必要があります。

 

 

その効果を提供する上で、本当に自社の資産でそれを構築できるのかがポイントになります。

 

 

広告の力

Amazon内のSEOを中心とした集客も大切ですが、売り出し初めで最も重要なのは広告の力です。

Amazonの場合で言うと、広告はスポンサープロダクトの事を指します。

 

もしAmazonでスポンサープロダクトを利用する場合は、初期設定のまま(オートターゲティング)だと、同じような商品を出しているプロには費用対効果で勝つことができません。

最初だけ設定に力を入れる人も多いですが、ページの改善や広告費は常に変動させなければなりません。

 

この辺りは、手動で行うのは厳しくなってくるので、ツールを使っていくことになります。

 

もし、スポンサープロダクトの活用を考えている場合、事業規模が大きい方は広告運用の専任者が必要になるため、代行会社などに任せることも考えましょう。

 

 

 

まとめ

中国輸入は飽和している?稼げない?についてと、今の時代に稼ぐ方法を解説しました。

 

結論としては、飽和しているというのは初心者内の話であり、真剣に取り組んでいる限りは、初心者はライバルのうちに入りません。

なので、気にせずどんどん成長を遂げていきましょう。

 

 

簡単にはいきませんが、これからの時代に中国輸入で稼いでいくためには、 本質的な勉強が必須といえます。

中国輸入ビジネスで稼いでいくために学ぶべきことはたくさんありますが、一つ一つ丁寧に勉強していきましょう。

 

 

 

関連:中国輸入で稼げない人の3つの特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。