タオバオ輸入代行ならダイコー輸入.com

中国輸入品のクオリティは悪い?【品質問題の解決策】

中国輸入品のクオリティは悪い?【品質問題の解決策】

中国製品のクオリティについて

中国

 

中国からの輸入品のクオリティは日本でも十分に通用するものなのでしょうか?

 

今回は中国製品の品質輸入ビジネスの視点から解説していきます。

 

 

関連:中国輸入で起こりやすい失敗事例と成功させるポイント

 

 

 

中国は本当に偽物が多い?

question

 

中国から偽物のブランド品が輸入されているという話は、日本のニュースでもよく耳にしますね。

本当に中国には偽物が多いのでしょうか?

 

 

輸入ビジネスでは偽物を販売してしまうと商標権の侵害や詐欺罪などで刑事罰を受けるリスクを伴います。

なので、偽物の出回りについては注意しなければなりません。

 

中国では確かにブランドバッグやスマホなどの電気製品で偽物が出回っています。

しかし、中国では工場から卸されているものの多くが格安で販売されているため、安いからといって偽物だということはありません。

 

信頼できる取引相手を増やしていくことを意識して、偽物の被害に合わないような輸入ルートを築いていくといいでしょう。

 

 

中国製品の品質が良くないと言われている理由

全ての中国輸入製品の品質が良くないというわけではありません。

中には、しっかりとした品質の良い商品もあります。

 

ですが、中国輸入製品の中に品質の良くない商品が多く混じっている事は事実です。

年々中国の品質は上がっていますが、それでもまだクオリティの低い商品が存在ます。

 

 

具体的に、中国製品の品質が良くないと言われる理由について解説します。

 

  • 中国国内向けの商品が多いから
  • パッケージの問題

 

 

中国国内向けの商品が多いから

中国輸入製品では大きく分けて中国国内向けと海外向けの製品があります。

中国輸入の主な仕入れ先である、タオバオやアリババの商品は中国国内向けに作られた商品が多いです。

 

中国輸入製品のクオリティが良くないと言われる根本的な原因はまさにここにあるでしょう。

 

 

中国国内向けに作られた商品というのは「とりあえず使えればOK」という基準で製造されています。

なので、傷や汚れなどが多少あるくらいでは気にせず販売されているのです。

 

 

逆に、海外向けの商品はしっかりと細かい部分まで指示して製造されているので、高品質です。

なので中国輸入製品といっても、品質の悪い商品と品質の良い商品に分かれるのです。

 

パッケージの問題

中国輸入製品のクオリティが低いと言われるもう一つの原因は、パッケージにあるでしょう。

この部分は中国と日本の文化などが大きく影響してきます。

 

日本では新品の商品は中身はもちろん、パッケージまでも完璧にきれいである事が求められますね。

パッケージも含めて商品なんだという認識がとても強いのです。

 

 

ですが、中国ではパッケージなど全く気にしません。

中身さえとりあえず使えればよいので、パッケージはあくまでも飾りなのです。

 

そのため、中国輸入製品のパッケージはまったく凝っておらず、適当なものが多いです。

日本でそのまま販売してしまうとクレームに繋がりかねないので、そのような場合はパッケージを入れ替えたりPP袋に入れるなど工夫が必要ですね。

 

 

ひと手間加えてあげるだけで、日本のお客さんにも満足してもらえるはずです。

 

 

日本向け電気製品とのクオリティの差について

china5

電気製品によくあることなのですが、英語圏には英語表記を、日本向けには日本語表記にした製品で、言語に関係なく性能や中身は全くの同じ製品があります。

このようなローカライズされた製品は性能は同じでも販売価格が違い、日本の方が高い値段で売られているというような状況も珍しくありません。

 

 

このような商品は性能そのものは全く同じであるため、中国向けのものであっても問題ないのであれば日本でも需要があります

 

パソコンのパーツや電源タップといった周辺機器は言葉が違っていても問題なく使えるので、クオリティが同等な電気製品は輸入ビジネス向けのものが多いです。

 

 

衣料品のクオリティ

衣料品は中国で特に生産量の多いものとして知られています。

クオリティは日本で売られているものと同様で、日本向けとしても十分に通用する出来になっています。

 

スポーツウェアブランドの場合には中国の工場で生産された製品も多いので、一流ブランドの製品を日本の卸業者から仕入れるよりも安く買うこともできます。

工場から直接卸してもらうこともできるというところが中国輸入の強みですから、クオリティの高い製品を安く仕入れられるルートは積極的に探していきましょう。

 

 

中国製だからとしって低品質なものばかりではありませんから、日本でも通用する商品を地道に開拓してみてください

 

 

プラスチック製品のクオリティ

プラスチックはさまざまな製品に使用されていますが、その質にも結構な差があります。

ひとえにプラスチックと言っても、頑丈なものとやわなものがあるのです。

 

中国のプラスチック製品の中には、クオリティが低いものが存在します。

素材がざらざらとしていたり、ちょっと力を加えただけですぐに破損してしまうようなものです。

このような品質の悪いプラスチックは、知っている人であれば見た目だけで分かります。

 

プラスチック製品は安いですが、あまりに安く大量生産されているような商品は、このように品質が良くない場合が多いので注意が必要です。

 

仕入れの際はしっかりとチェックしていきたいところですね。

 

 

 

中国輸入でクオリティが高い商品を仕入れるコツ

中国輸入するのであれば、なるべくクオリティの高い商品を仕入れるべきです。

主な仕入れ先である、タオバオやアリババで品質の良い商品を仕入れるコツをご紹介します。

 

  • 相場よりも安すぎる商品は避ける
  • 販売ショップの評価を見る
  • 商品のレビューを確認する
  • 最初は少量から仕入れる

 

 

相場よりも安すぎる商品は避ける

なるべく安く仕入れたいという気持ちは分かりますが、相場よりもあまりに安すぎる商品は品質が悪い可能性が高いので注意が必要です。

値段に見合った品質になりますから、安すぎる商品はクオリティもそれなりです。

 

なので商品を仕入れる際は安いからという理由だけで仕入れないようにしましょう。

 

販売ショップの評価を見る

販売ショップの評価を見れば、大体の品質は予測できます。

評価の悪いセラーはやはり、品質に問題があったり配送に問題があったりするものです。

 

無駄なコストを発生させないためにも、販売ショップの評価を見る事は非常に重要でしょう。

 

商品のレビューを確認する

商品のレビューを確認すれば、その商品のクオリティが分かりますね。

評価のない場合は、仕入れないほうが無難でしょう。

 

なるべく商品レビューがたくさん書いてある商品を仕入れれば安心です。

 

最初は少量から仕入れる

最初から大量に仕入れるのではなく、例え売れている商品であってもまずは少量から仕入れる事が大切です。

そのショップの品質がどのようなものか、見定めましょう。

 

もし大量に仕入れてしまって、ほとんどが不良品だったら、送り返す手間やコストがかかってしまいます。

無駄な労力とお金がかからないように、少量から仕入れる事が必須です。

ビジネス会員登録はこちらから


月額会員制:19,800円/月
(税込21,780円)
仕入れ無制限、
代行手数料込価格となります。